就職したくない?就職なんかしなくてもいいんです〜学生の義務から「就職」が無くなる日〜

先日、高校の同級生に偶然会ったんですが、彼はこのようなことを漏らしました。

 

 

「就職なんかしたくなかった…」

 

 

話をよく聞いてみると、彼は私と同じく新卒から1つの会社で10年働いていますが、どうやら10年経っても給料がほとんど上がらないそうです。

 

その結果、私に「就職したくなかった」と本音を漏らしたということですね。

 

でも日本の学校は従業員養成所ですので、高校や大学では徹底的に就職以外の選択肢を潰します。

 

 

「才能のある一部しか金持ちになれない」

 

「金持ちは悪、貧乏は美しい」

 

「誰だって辛くて我慢しているから君も従おうよ」

 

 

こんな感じで我々を洗脳してくるんですね。

 

もちろん私も洗脳され、10代で就職を信じてしまった1人です。

 

しかし、就職は実際は「人生の墓場」です。

 

就職とは自分の人生を諦めて国や会社に差し出すこと

 

なぜ就職が人生の墓場かというと、決められた収入を貰うために自分の人生を国や会社に渡してしまうことになるからなんですね。

 

確かに就職すれば安定した収入を貰うことができますし、福利厚生も付いています。

 

でもその代償は余りにも大きいものなんですね。

 

今日はせっかくですのでよく考えてください。

 

なぜもっと寝たいのに、朝6時半に起きなければならないんでしょうか?

 

なぜ10時に帰りたい気分だってあるのに、朝10時にタイムカードを押して帰ってはいけないんでしょうか?

 

なぜ自分で人間関係を選びたいのに、関わりたくない人間と仕事しなければならないんでしょうか?

 

週2日というあまりにも短すぎる自由時間を与えられ、その2日目の夜は明日の仕事が気になって憂鬱になる…

 

しかも毎月貰える金額はたった10〜20万円程度、本当だったら月に100万円貰いたいのに…

 

これではまるで他人に自分の人生を操作されているようではありませんか?

 

我々は本当なら活動時間や人間関係、住む場所や収入まで自分で決めたいはずです。

 

他にもあります。

 

例えば残業が美徳、退職は裏切り行為、連帯責任…

 

果たしてこんな環境で、生涯を過ごすのはどうなんでしょうか?

 

確かに我慢強くはなるでしょう。

 

でもそれは本当に貴方がやりたかったことでしょうか?

 

貴方は他に、見たい景色があるはずです。

 

それなのに国や会社は我々に対し、「安定を保証するから人生の全てを捧げなさい」と強要してきます。

 

しかも学生時代から…

 

貴方はここまで読み進めて、日本の学校が子供を国や会社の奴隷にするための恐ろしい施設ということがお分かりいただけたのではないでしょうか?

 

2020年代は就職がオワコンになる

 

しかし、最近は自力で毎月大金を稼ぐ高校生や大学生が増加しており、就職離れが進んでいます。

 

例えば月収1000万円の高校生なんて現在では珍しくありません。

 

その中で有名なのがキメラゴンさんでしょうか。

 

つまり、彼らは「就職して70歳近くまで働き、その後は年金で暮らす」という一般常識に疑問を持っているんですね。

 

そのような若者が増えたのは、やはりネットが普及して1人1人が情報を選べるようになったからだと思います。

 

例えば昔は情報を受け取る手段がテレビだけであり、人々はブラウン管を通して送られてくる一方的な情報にまんまと洗脳されてしまいました。

 

それはテレビ番組が、どこのチャンネルも同じような内容の報道しかされていないことを考えれば分かると思います。

 

しかし、ネットはテレビと違って情報を選ぶことができます。

 

ですので現在の若者はテレビを見ずにネットだけで情報収集し、確証バイアスを働かせて自分にとって都合のいい情報だけを受け取り、それ以外の都合の悪い情報を捨てるようにしているんですね。

 

そしてその「都合の悪い情報」こそが、前述した「就職して70歳近くまで働き、その後は年金で暮らす」という一般常識です。

 

高校や大学を卒業したら場所も収入も人間関係も時間も会社に決められ、老後は少ない年金生活をを強いられる、しかも死ぬまで…

 

貴方はたった一度だけ与えられた人生を、こんな風に国や会社に管理されたいですか?

 

それが嫌なら自力で稼ぐことを覚えましょう。

 

日本経済に未来はないからもはや就職は意味をなさない

 

ハッキリと述べますが、日本経済に未来はありません。

 

それは日本が少子高齢化で衰退国家であることを考えれば分かるはずです。

 

特に2020年3月以降は新型コロナウイルスが感染拡大し、日本経済の悪化が急速に進んでいます。

 

例えば最近は全日空が希望退職の募集を発表しましたね。

 

このように貴方が知っている大手企業も社員全員を守れなくなってきています。

 

その他にもヤフーがすでに新卒採用を廃止し、中途のみの募集に切り替えています。

 

ですので、「一流大学を卒業して大手企業に入れば将来安泰だ」なんて高度経済成長期の話はもはや通用しません。

 

それに従い、自力で稼ぐ方が増加しています。

 

国や会社に頼らず自力で稼げるようになれば、最終的に金の悩みが消え去ります。

 

それ以前に給料や賞与が減額されても、余裕で構えていられます。

 

ですので自分の身を守るためにも、今から国や会社に頼らなくても収入を貰えるように力をつけることをオススメします。

 

国や会社に頼らず生きるにはアフィリエイトが最適

 

とはいっても、貴方はまだ何をしたらいいか分からないと思います。

 

それなら迷わず「アフィリエイト」をやってください。

 

理由はアフィリエイトこそが、不労所得が可能だからです。

 

例えばせどりは在庫、クラウドソーシングはクライアントにそれぞれ頼ってしまいますし、これでは会社員と変わりありません。

 

一方アフィリエイトなら、貴方がネットにアップロードしたサイトは自分で消さない限り永遠に誰かに見られ続けます。

 

ただ、検索エンジンは検索順位を定期的に変えますので、必ず検索エンジン以外からも集客してくださいね。

 

もしくはメルマガを組み合わせてみてもいいでしょう。

 

お客様が貴方に預けてくれたメールアドレスは資産になりますので、サイトが検索順位を落とされてしまってもメルマガでこちらからセールスすることが可能です。

 

ここで勘のいい貴方ならお気づきかもしれませんが、アフィリエイトは検索エンジンの集客だけでは不労所得にならないんですね。

 

なので貴方がアフィリエイトで不労所得を得たいなら、ぜひSNS等からも集客するかメルマガを組み合わせてくださいね。

 

なお、そんなSNS集客やメルマガをどう成功させるかについては、以下の無料メール講座で説明しています。

 

【無料】TMのアフィリエイトのためのメール講座

 

4000円相当の無料特典を今すぐ受け取れます。

 

いつまでも無料で提供するつもりはありませんので、お早めにどうぞ。