敷かれたレールを踏み外せば成功者になれる

 

貴方は「敷かれたレール」という言葉を聞いたことがあるはずです。

 

そして今、自分が敷かれたレールから外れてしまったと不安になっているのではないでしょうか?

 

そうでなければこの記事のタイトルをクリックするはずがありませんからね。

 

そもそも日本は「敷かれたレールを進むことが美徳」という風潮がありますので、その敷かれたレールを踏み外してしまうと再びレールに乗ることは困難でしょう。

 

でも「敷かれたレール」というのは、本当はとても恐ろしいものなんです。

 

「敷かれたレール」というのは国や会社が仕組んだ罠

 

幼少期に周りの大人から口酸っぱく言われた「敷かれたレール」というのは、以下のような流れです。

 

 

@高校や大学を卒業したら大手企業に就職する

 

A60歳まで一度も辞めずに勤めあげる

 

B65歳まで嘱託として再雇用される

 

Cその後は年金暮らし

 

 

これは一見すると「自分で決めなくていいから楽だ!」と思いたくなるでしょう。

 

でも考えてください。

 

何か変なところがありませんか?

 

「敷かれたレール」は国や会社の罠

 

この記事を読み進めている貴方は聡明ですのでお気づきになられたかもしれませんが、この「敷かれたレール」というのは、実は国や会社が我々を安い労働力にするために仕組んだ罠なんです。

 

高校や大学を卒業したら就職し45年ほど家と会社を往復、その後は少ない年金暮らし…

 

これでは生涯を国や会社に管理されるようなものではありませんか?

 

たった一度の人生なのに生涯を国や会社に捧げるなんて、こんなの悲しいにもほどがあります。

 

しかも日本企業や公務員は人手不足が相次いでいます。

 

そのため今後は年金暮らしすら許されず、老後も死ぬまで働かされるかもしれません。

 

実際、2019年にある経営学者が「私たちはこれからすごく長寿の時代を生きることになります。たとえば100歳まで生きるとすると、90歳くらいまでは働くことになるでしょう」と発言し、ネット上が騒然となりました。

 

でもこれは決して未来の話ではなく、すでに起こり始めています。

 

例えば私の知人で、75歳にして肉体労働をやっているお婆さんがいます。

 

その歳になっても働いているのは確かに凄いですが、実際は国や会社に都合よく利用されているだけなんですね。

 

彼女には悪いですが私はその姿を見て、今勤めている会社で老人になっても働かされている自分の姿を想像して泣けてきました…

 

「地獄」という敷かれたレールの終点を回避する手段

 

さて、貴方はここまで読み進めて、敷かれたレールの恐ろしさを理解したと思います。

 

では、どうやってそんな「地獄」という敷かれたレールの終点を回避すればいいでしょうか?

 

それは自力で稼ぐことです。

 

もうこれしかありません。

 

理由は自力で稼ぐ方法を知らないからこそ、どこかに雇用されざるをえないからですね。

 

でもこれは貴方が悪いのではなく、自力で稼ぐ方法を教えない国や会社が悪いんです。

 

まあ日本の学校は従業員養成所ですので、そんなことを教えないのは仕方ありません。

 

なお、これは小中高だけでなく専門学校も当てはまります。

 

例えば美容師や航空整備士、調理師といった感じで様々な専門学校がありますが、貴方は起業家や投資家の専門学校なんて聞いたことがありませんね?

 

つまり専門学校でも雇われることしか学べないんですね。

 

また、会社も社員に自力で稼ぐ方法を教えたら退職者が続出してしまいます。

 

そんな社を上げての社員全員奴隷化計画を台無しにしないために、会社も自社内で通用する仕事しか教えないんですね。

 

なので、自力で稼ぐ方法は自発的に学ぶしかありません。

 

ネット上を見てください、大金を稼いでいる人間が多いと思いませんか?

 

彼らは決して詐欺を働いているのではありません。

 

私や貴方と同じく敷かれたレールに疑問を持ち、自力で稼ぐ方法を研究して習得していったんですね。

 

しかもその中にはアルバイトすらしたことない学生もいますので、会社で真面目に働いている我々に同じことができないはずがありません。

 

敷かれたレールはどんどん踏み外せばいい

 

例えば堀江貴文さんは東大まで進学したのに、そこを中退してライブドアを起業したら成功しました。

 

東大を中退するなんてもったいないと思うかもしれませんが、せっかく東大を卒業してもその先が不自由な雇われ労働の世界だったら、いっそのこと中退して起業したほうがマシかもしれませんね。

 

他にもウォルト・ディズニーにビル・ゲイツ、スティーブ・ジョブズ等の多くの成功者が大学を中退し、大卒カードを捨ています。

 

これで貴方も敷かれたレールを踏み外せば成功者になれる事実がお分かりいただけたのではないでしょうか?

 

敷かれたレールの先に生涯現役や不自由な人生が待っているなら、そのレールを踏み外して自分で人生をデザインしたほうが充実すると思います。

 

たった一度の人生ですからね、そんな他人の一度だけ与えられた人生を好き勝手に決める権利など、誰も持っていません。

 

忘れないでください、貴方には自由になる権利があることを。

 

その自由になる権利を使うために、敷かれたレールはどんどん踏み外しましょう。

 

敷かれたレールは踏み外すためにあるんです。

 

以下も合わせてどうぞ。

 

【無料】TMのアフィリエイトのためのメール講座

 

4000円相当の無料特典を今すぐ受け取れます。

 

いつまでも無料で提供するつもりはありませんので、お早めにどうぞ。