「自分は今幸せなのか?」と悲観したときにすること

突然ですが、貴方は今、幸せですか?

 

いいえ、そうではないからこそ、この記事タイトルをクリックしたんでしょう。

 

特に、雇われていると時間も場所も人間関係も自分で選べないうえ、貰える収入は月収20万円以内であることが多いですので、幸せを感じることは少ないと思います。

 

だから、「自分は今、本当に幸せなのか?」と考えてしまうんですね。

 

しかし、だからといって幸せは勝手に空から降ってくるものでもありません。

 

考えてください。

 

「自分は今、本当に幸せなのか?」と悲観するのは、視点を変えれば「幸せが勝手に空から降ってくれないかなぁ…」と他者依存する意味にもなりませんか?

 

「引き寄せの法則」という言葉があります。

 

つまり、「幸せ」というのは「自分は今、本当に幸せなのか?」と悲観する者にはやってこず、自力で幸せになろうとしている者にだけやってくるんですね。

 

分かりやすい例を挙げると宝くじです。

 

アレを買う者は運任せに1億円を当てようとする他者依存体質ですので、宝くじを買った者のほとんどは自分の財産を販売者に捧げてしまうことになります。

 

ちなみに宝くじの1等が当たる確率は、1千万分の1だそうです。

 

しかし、だからといって宝くじを1千万枚買うと、その合計金額は1等の当選金額を上回ります。

 

もちろん買わなければ当たる確率は0のままですが、確率を考えると買わないほうがいいでしょう。

 

そもそも前述した通り、宝くじの購入者は努力せず幸せになりたい他者依存体質ですからね。

 

なので、幸せになりたければ必ずそのための努力をしてくださいね。

 

そもそも幸せではない人間は存在しない

 

先ほどは「自力で幸せになろうとしている者にだけやってきませんので、幸せになりたければ必ずそのための努力をしてくださいね」と述べました。

 

でも私は幸せではない人間は1人もいないと思うんですね。

 

そもそも幸せの定義は人それぞれです。

 

例えば食べたいときに食べ物があることを幸せだと思う者もいれば、趣味があってその趣味を満喫することを幸せだと思う者もいます。

 

なので、貴方も「自分は今、本当に幸せなのか?」と悲観してばかりではなく、今の自分が感じている幸せを探してみてはどうでしょうか?

 

例えば以下のようなものは、幸せだと思いませんか?

 

 

・ブラジル等ではなく日本という治安のいい国に生まれた

 

・戦時中ではなく戦後の平和な時代に生きている

 

・衣食住が揃っている

 

・既婚なら愛する家族がいる

 

・独身なら自分の時間を自分に使える

 

・今日も健康に生きている

 

 

どうでしょうか?

 

自分のことを幸せに思えてきたのではないでしょうか?

 

現に日本以外の国では、泥を食べている子供や、戦争に行かされている青年もいるわけです。

 

そんな彼らと比べると、貴方が感じている不幸なんて小さいはずです。

 

なので、もうこれ以上「自分は今、本当に幸せなのか?」と悲観せず、自分が感じている幸せを探してみてくださいね。

 

上記に挙げたもの以外にもあるはずですよ。

 

周りからの目を気にする人間は一生自分を幸せにできない

 

また、自分が欲しい幸せを手に入れようと努力する際、周りからの目を気にするような人間は一生自分を幸せにできません。

 

例えば雇われず生きていきたいなら、毎日朝から夕方まで身を粉にして働いている同僚や上司や部下に罪悪感を感じたり、平日の朝からフラフラするのを怖がったりですね、

 

特に日本人は学生時代に「皆と同じでなければならない」と徹底的に叩き込まれますので、周りからの目を気にしてしまうのは当然かと思います。

 

でもそんなことで自分が欲しい幸せを諦めたり、手に入れても手放してしまうようではどんどん不幸になります。

 

周りの目を気にして自分が欲しい幸せを諦めてしまうのは、確かに楽かもしれません。

 

その時点から何もせず済みますからね。

 

でもそれは一時的であり、その後は理想と現実のギャップに苦しみ続けなければなりません。

 

貴方の理想の幸せは、その程度だったんでしょうか?

 

貴方の人生は貴方が主人公です。

 

なので、貴方には幸せになる権利があるんです。

 

大体、世の中は愚痴を言うだけで何1つ行動しない人間がほとんどですので、自分を幸せにしようと努力している貴方はとても立派です。

 

そんな貴方を邪魔する権利など、誰も持っていないんですね。

 

なので、周りからの目を気にしたりせず、堂々と自分を幸せにしていくことを続けていきましょう。

 

努力している人を笑うこと
それは、何よりも最低な行為である

 

植村直己

 

 

なお、貴方が雇われる義務から解放されて毎日やりたいことだけをやる幸せが欲しいなら、以下の無料メール講座をどうぞ。

 

【無料】TMのアフィリエイトのためのメール講座

 

4000円相当の無料特典を今すぐ受け取れます。

 

いつまでも無料で提供するつもりはありませんので、お早めにどうぞ。