会社の仕事に未来はないから自力で稼ぐことを覚えろ

日本は本当に会社員が多いです。

 

実際、人口の9割以上を会社員が占めますので、これは相当なことだと分かりますね?

 

まあ、日本の学校教育は雇われることを前提としていますので仕方ないことですが。

 

しかし、21世紀に入ってからの相次ぐ終身雇用崩壊で、本当に会社の仕事の未来があるのか疑わしくなってきました。

 

自動化できる仕事の増加と大手企業の終身雇用崩壊

 

技術の進歩は本当に早いです。

 

それに従って多くの仕事の自動化が進んでいます。

 

例えば飲食店のタブレッド注文やセルフレジの導入、旅客機の二人乗務化ですね。

 

考えてください。

 

自動化で奪われた仕事に就いていた方はどうなるでしょうか?

 

答えは解雇です。

 

つまり会社に捨てられるんですね。

 

「酷い」と思うかもしれませんが、これが事実です。

 

そもそも会社の目的は社員の人生を預かることではありません。

 

利益を出し、社会に貢献することです。

 

つまり、我々はただのコマに過ぎないんですね。

 

しかし真面目に仕事して会社に尽くしてきたのに、血も涙もない無機質な機械に置き換えられて捨てられるなんて悲しいと思いませんか?

 

しかもこれは大手企業に顕著ですので、終身雇用を終了する大手企業が増加しています。

 

例えば日産や東芝、ソニーがその代表例ですね。

 

さらに、去年はあのトヨタまでもが終身雇用の終了を宣言しましたので、もはや大手企業に入れば安定ではなさそうです。

 

 

大手企業でも安定でないなら、力のない中小企業なんか尚更ですね?

 

ですので貴方の年齢が何歳か知りませんが、貴方は今お勤めの会社に定年まで在籍できる保証はないでしょう。

 

社員は運命を制御できない

 

そもそも雇われている限り、自分で運命を制御できません。

 

まず起床時間から就寝時間まで決められ、次に着る服、仕事内容、人間関係等を決められます。

 

さらに会社が不祥事を起こせば、確実に巻き込まれます。

 

例えば、三菱自動車の不正や東京電力原発事故のイメージ低下ですね。

 

つまり、会社の不祥事によって何の罪もない社員が「アイツは不祥事起こした会社の社員だ」などと偏見を持たれるんです。

 

当然、それで会社がリストラを決行すれば社員もそれに従うしかありません。

 

恐ろしいと思いませんか?

 

これでは自分の人生を会社が握られているような感じです。

 

ですので会社員は、ある意味精神的な負荷が大きいのかもしれません。

 

自力で稼ぐ方法こそが会社に運命を決められない方法

 

さて、貴方はここまで読み進めて、

 

・自動化できる仕事が増加して終身雇用が崩壊したこと

 

・雇われている限り自分で運命を制御できず、会社に自分の人生を会社が握られているような感じがすること

 

この「2点」をお分かりになられたと思います。

 

同時に「雇われる」ということがどれだけ恐ろしく、そしてどれだけ危険なのかもお分かり頂けたのではないでしょうか?

 

それなら貴方がやるべきことはただ1つ、「自力で稼ぐこと」です。

 

自力で稼げるようになれば国や会社に頼らなくても生きていけますので、会社の業績悪化や自分の仕事を機械に奪われることがありません。

 

つまり貴方の人生を他人に握られず、貴方自身で自由にデザインすることができるんですね。

 

当然雇われるのも1つの人生ですが、どうせだった一度の人生なら自力で稼いで自由になったほうが楽しいと思います。

 

例えば私がやっている「ブログメルマガアフィリエイト」。

 

これはブログで集客してメルマガで商品を紹介するアフィリエイトの1つで、様々な種類があるアフィリエイトの中で唯一不労所得を実現できます。

 

 

不労所得が実現できれば、貴方が寝ている時や食事している時も収入が入ってきます。

 

当然その収入に上限はありません。

 

貴方の努力次第で月に100万円や月150万円も可能です。

 

夢がありませんか?

 

こうなると会社に尽くしていた頃がアホらしくなると思います。

 

ですので、まずは会社の仕事の合間に始めてみてはどうでしょうか?

 

貴方が今貰っている給料以上の金額を稼げるようになってきたら脱サラできますし、その時点から貴方は自由です。

 

そのためのノウハウは、以下の無料メール講座で詳しく解説しています。

 

【無料】TMのアフィリエイトのためのメール講座

 

4000円相当の無料特典を今すぐ受け取れます。

 

いつまでも無料で提供するつもりはありませんので、お早めにどうぞ。