自分で情報商材を作るということ

私は現在脱サラするためにアフィリエイトをやっていますが、アフィリエイトで月50万以上稼げるようになって脱サラしたら、今度は自分でオリジナルの情報商材を作成して、販売するプラン、つまりインフォプレナーにステップアップするプランがあります。

 

「なぜ脱サラ後なの?」

 

そのような声が聞こえてきました。

 

そこで、貴方に今から私が脱サラ後に情報商材を作る理由を解説します。

 

 

私が情報商材を作成したい時期が脱サラ後である理由

 

自分で情報商材を作成するのはアフィリエイトで脱サラ後ではないと困難です。

 

その理由は2つあります。

 

@「アフィリエイターとして稼いだ実績」、つまり「誰かの情報商材を自分から購入に導いた実績」がある程度必要なこと

 

A数万円の価値がある情報商材を開発するには、相当な労力と時間が必要であり、会社の勤務時間外と休日だけでは、作成時間の確保が困難であること

 

となります。

 

特にAが重要ですね。

 

実際に情報商材を読んだことがある方は分かると思いますが、何百ページありますね?

 

そのような大量ページの情報商材を「週5日・1日9時間」の合間に作成するのは非常に非効率かつ時間がかかります。

 

私も「情報商材作るなら1日費やしたい」と考えており、そのためには休日だけでは時間が足りなさすぎますね。

 

自分で情報商材を作成してインフォプレナーになるメリット

 

今度は自分で情報商材を作成してインフォプレナーにステップアップするメリットを考えていこうと思います。

 

インフォプレナーになるメリットは3つあります。

 

@他人の情報商材をアフィリエイトすると利益が半分しか入ってこないが、自分で販売して売れれば利益が全て自分の物になる

 

Aその自分の情報商材の購入者がアフィリエイトして売れれば、その利益の半額が自分にも入るようなる

 

B自分が紹介する情報商材が販売停止になったら、収入に大きな影響が出るが、自分で情報商材を売っていればそのようなリスクを回避できる

 

つまり、インフォプレナーはアフィリエイターよりも大きく稼げるし、紹介商品の販売停止のリスクがないため、収入を確実に安定化できるということになります。

 

特にAはアフィリエイターのデメリットがそのままインフォプレナーのメリットになるということで面白いですね。

 

これで貴方は「インフォプレナーはアフィリエイターよりもさらに夢があるんだ」、そして「アフィリエイターからインフォプレナーになることが究極の安定だ!」と理解できたのではないでしょうか?

 

インフォプレナーはまさに「誰にも頼らない職業」

 

気付いた方も多いと思いますが、会社員は会社に頼って給料を貰います。

 

「ならアフィリエイターは会社に頼らないから自分だけで稼いでいるのか?」

 

そのような声が聞こえてきました。

 

残念ながら、それは間違いです。

 

なぜなら前述の通り、アフィリエイターは他人の商品を紹介して、売れたら紹介料を頂くビジネスですので、インフォプレナーにどうしても依存します。

 

そのためこれも前述の通りですが、販売者が紹介商品の販売を辞めたら収入に大きな影響が出るということですね。

 

そう考えると販売者にすら頼らないインフォプレナーこそが何にも依存しないで完全に自力で稼ぐ手段となるでしょう。

 

ただし誤解しないで欲しいのですが、冒頭で述べた通りアフィリエイターとして稼いだ実績が無い状態でいきなり数万円の価値がある情報商材を作成できるはずがないやはりアフィリエイトで脱サラできるほど稼いでから情報商材を作成してインフォプレナーにステップアップするのが一番です。

 

結論・アフィリエイトは「インフォプレナー儲けさせるための手段」ではなく「インフォプレナーになるための前段階」と意識を持つとさらに良い

 

私自身がそうであるように、貴方も会社を辞めて生活できるようにアフィリエイトを始めた訳ですね?

 

その意識は当然大事ですし、実際アフィリエイトで月30万稼ぐだけでも会社勤め不要で生活できます。

 

しかし、何度も述べましたが、アフィリエイターは他人の情報商材を紹介する関係でどうしても紹介する情報商材のインフォプレナーに依存しますので、やはりアフィリエイトで脱サラできたら自分で情報商材を作成し販売するのが一番収入を安定化させることができます。

 

そもそも月30万ほどアフィリエイトで稼いだら、貴方が紹介する情報商材購入者からこのような声が届く可能性があります。

 

「○○(貴方の名前)さんの記事には毎回共感できますし、○○さんが紹介する情報商材はとても役に立ちますので全て購入させて頂きました。ですが、○○さんもオリジナルの情報商材を作ってほしいです。当然作られたら買いますので。」

 

つまり「貴方もオリジナルの情報商材を作ってほしい」という声ですね。

 

貴方が一生懸命教育した読者が言うんです。

 

ここでこの声に答えなければ読者を逃がすことになりますね?

 

となると、アフィリエイターのままよりも、アフィリエイターからインフォプレナーにステップアップすること読者を多数獲得する方法にもつながる訳です。

 

ちなみに情報商材は大体PDFが多いですので、自分が情報商材をアフィリエイトするときに付ける特典作成将来の情報商材作成の練習することも可能です。

 

他人が作った情報商材に自分の特典を付けれて購入率を高められるうえ将来の情報商材作成の練習にもなる、まさに一石二鳥ではありませんか?