休日にやりたいことがあるなら毎日休日にすればいい

貴方は休日を楽しんでいますか?

 

雇われていると休日が少ないですので、「やりたいことがやりきれない」とお悩みだと思います。

 

私も勤務先が繁忙期の時は、休日が仕事で疲れて寝るだけで終わったことがありました。

 

当然、そんな休日なんて面白くないですね?

 

そこで、今回は「毎日休日にする方法」を考えていこうと思います。

 

貴方がその方法に興味があるなら最後までお付き合いください。

 

 

毎日を休日にすればやりたいことをやり切れる

 

貴方がやりたいことがたくさんあるのなら、毎日を休日にすることをオススメします。

 

仕事に自分の時間のほとんどを奪われ、休日はその疲れで何もできない…

 

そんな人生は貴方が本当に送りたい人生ではないはずです。

 

貴方の人生は貴方自身が主役です。

 

他人を介入させてはいけません。

 

他人に時間を多数奪われてやりたいことが何もできないなんてくだらないことはありません。

 

人間は本来、自分がやりたいことにワクワクしたり、刺激的な毎日を送る生き物です。

 

つまり、貴方がもし、「雇われて朝から晩まで汗水たらして働いて給料を貰う姿が人間当たり前の姿だ」等と考えていたら、すみませんが、それは完全に会社に洗脳されているということになります。

 

会社という存在はそうやって我々の思考を忘れさせ、奴隷になるように徹底的に洗脳するんです。

 

そんな洗脳から抜け出し、毎日を休日にできたら貴方はどう思いますか?

 

戦前の空襲警報のようなけたたましいアラームに毎日起こされることなく、朝の義務である出勤が消滅し、代わりに、

 

@遊びに行くか?

 

A二度寝するか?

 

この2択になったら?

 

とても楽しく充実した毎日を送れるはずです。

 

しかもその毎日が永遠に…

 

もうやりたいことができないどころかやり尽くせますね?

 

実際、私は努力してそのような生活を実現させた方を多く知っています。

 

ではその方法とは何なのか?

 

次項で解説します。

 

毎日を休日にする方法とは?

 

まず、勘違いしないで欲しいんですが、間違ってもニートにだけはならないでください。

 

ニートは確かに永遠に休日です。

 

しかし、収入がありませんので、貯金が尽きたら終わりです。

 

つまり、ニートだと貴方がやりたいことができる以前に生活自体ができなくなってしまうんです。

 

これでは本末転倒です。

 

ならどうすれば良いか?

 

そう、「脱サラ」ですね。

 

しかし脱サラするだけではダメです。

 

脱サラに加えて「不労所得」も必要です。

 

つまり自分が仕事しなくても収入が発生し続けるようにすれば良いんですね。

 

次項でその方法を解説します。

 

なぜ不労所得なのか?

 

「なぜ不労所得も必要なの?」

 

そのような声が聞こえてきました。

 

それはやはり自分が仕事しないと報酬が発生しないようでは、労働と変わらないからです。

 

例えば自力で稼ぐ手段である「クラウドソーシング」や「せどり」だと、確かに雇われないため自由がききます。

 

しかし完全に自由にはなれません。

 

なぜなら「せどり」が仕入れ・発送、「クラウドソーシング」が納期に間に合うよう納品しない限り収入が発生しないからです。

 

つまり「せどり」と「クラウドソーシング」は「労働型ビジネス」なんですね。

 

ですので、毎日を休日にするためには、「不労所得型ビジネス」が必要となるんです。

 

その「不労所得型ビジネス」というと、代表的なのが、

 

@株で儲ける

 

A情報商材アフィリエイト

 

この2つです。

 

しかし、@は、失敗したら破産する等の大きなリスクがあります。

 

例えば貴方もテレビで「株で失敗して破産した方の特集」を見たことがありませんか?

 

彼らは借金を抱えたりする等、凄く悲惨でしたね?

 

つまり「株で儲けて不労所得を得て毎日休日にしてやる」株に手を出すのは一か八かの賭け事になるんです。

 

だとしたら、確実に毎日休日にできる「不労所得型ビジネス」はA、「情報商材アフィリエイト」しかありません。

 

情報商材アフィリエイトならリスク無く不労所得で毎日休日にできる理由

 

情報商材アフィリエイトは情報商材を貴方のサイトで紹介し、そこから売れたら貴方に報酬が入るアフィリエイトの1つです。

 

なぜ情報商材なのか?

 

それは情報商材だと「1個2万円」等の単価が高い物が多く、さらに紹介料である報酬も物販やトレンド比べて高いことが多いからです。

 

例えば、2万円の情報商材を1つ売れば1万円の報酬となり、それを1日で10個売れれば1日10万円の報酬です。

 

 

しかも、情報商材アフィリエイトの魅力はただ単価が高く、たくさん売れば儲かるだけではありません。

 

一般的に、情報商材アフィリエイトは、まずサイトを作成し、人の役に立ったり、悩みを解決するようなメッセージ性の強い記事を量産してサイト訪問者を信用させます。

 

そして貴方を信用したサイト訪問者が最終的に貴方から情報商材を購入することが情報商材アフィリエイトで稼ぐ仕組みです。

 

その量産された貴方の記事は、自分で削除しない限り永久に残ります。

 

するとどうなるか?

 

誰かが貴方のサイトに訪れて、貴方が量産したメッセージ性の強い記事を読んで貴方を信用して情報商材を購入する現象が続きます。

 

これが情報商材アフィリエイトで不労所得を得る仕組みです。

 

上記の現象は貴方が遊んでいる時や寝ている時でも発生しますしね。

 

つまり、貴方が作成したサイトと記事が貴方に代わって24時間・365日働いてくれるんです。

 

 

しかも、情報商材アフィリエイトは始めるにあたって初期投資が少ないです。

 

・教材

 

・サイト作成ツール

 

・サーバー代

 

大体こんな感じですね。

 

これらを足しても10万円も行きませんし、月にかかる費用も3000円程です。

 

これだけ少ない金額で1日10万円が可能なんて凄くないですか?

 

1日でそれぐらい稼げば月収300万円ですし、それが毎日ではなく、「例えば1ヶ月のうち1日10万円の売り上げが15日」でも貴方は月収150万円です。

 

そうなれば会社なんて脱サラできますし、毎日海外旅行等も可能です。

 

しかも不労所得ですので海外旅行中でも収入が発生し続けます。

 

夢がありませんか?

 

人生は1度切り!できるだけ若いうちに脱サラして毎日休日にしよう

 

「時間=人生」です。

 

つまり時間が一方通行で戻らないのは、時間が人を寿命へと近づけているからなんですね。

 

だからこそ、できるだけ若いうちに不労所得で脱サラしてやりたいことやり尽くすことが一番です。

 

脱サラした年齢が若ければ若いほど、その後の自由な人生が長くなるんですからね。

 

そしてそれを実現させる方法こそが情報商材アフィリエイトなんです。

 

しかし、そこまでの道のりは決して楽ではありません。

 

情報商材アフィリエイトで毎日休日にできた成功者が居る裏で多くの挫折者が出ているのも事実です。

 

しかし、情報商材アフィリエイトは医者や弁護士になる程難しい物でもありません。

 

 

むしろ貴方がこれから数十年会社で働くエネルギーのほうが医者や弁護士になる程のエネルギーだと思います。

 

諦めない継続力があれば誰でも情報商材アフィリエイトで稼いで毎日休日にできます。

 

多くの会社員が少ない休日に娯楽で現実逃避をしている中、コツコツと情報商材アフィリエイトを続けた方だけが、不労所得で毎日休日にできるんですね。

 

私も現在、毎日休日にするために友人の遊びの誘いを無視したり、大好きだった鉄道博物館巡りを封印したりしてアフィリエイトに没頭しています。

 

どうせ少ない休日に娯楽で現実逃避したって70歳付近まで雇われて働かなくてはならないことには変わりありませんからね。

 

それならその少ない休日に情報商材アフィリエイトを続ければ、遅くても1年半後には永遠に毎日休日にできるでしょう。

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか?

 

貴方はここまでお読みなられて「毎日休日にする方法は情報商材アフィリエイトで不労所得を築くことなんだ」とお分かりになったはずです。

 

現在は終身雇用が終了したり自動化可能な職業が発表されたりして会社員でも自力で稼ぐことが求められています。

 

もう国も会社も貴方を守ってくれないんですね。

 

だからこそ、情報商材アフィリエイトで不労所得を築いて脱サラした経験は生涯の資産になると思います。

 

一緒に頑張りましょう。