ネット上の多数の情報の中で誰の情報を信じていいか分からなくなった際の対処法

アフィリエイトやネットビジネスをやっていると、自然とネットで情報を収集することが多いです。

 

しかし、考えかたは人それぞれですので複数のサイトを見て回る際は、自然と多くの人間の考えかたに触れることになります。

 

サイトには書き手の考えがそのまま書かれていますので、これは当然ですね?

 

例えば「アフィリエイトにはSEOが大事」と書かれたサイトを見て、その直後に見たサイトには「SEOはオワコン!これからはSNSで集客だ!」と書かれてあったり、といった感じです。

 

さらに「アフィリエイト ジャンル」で検索し、表示された検索結果の各サイトを見て回ると、「20××年はサイトアフィリエイトだ」と書かれているサイトもあれば、「今年はSNSアフィリエイトがアツい」と書かれているサイトもあり、さらには「アフィリエイトはもう何しても稼げないよ」と夢を壊すようなサイトもあります。

 

このように同じ検索結果でも、表示されたサイトによって書き手の考えが違うんですね。

 

しかし、この場合は「誰を信じればいいんだ?どの情報が正しいんだ」という気持ちが出てくるはずです。

 

そこで、今回はそのようなどの情報を信じればいいか分からなくなった際の対処法について説明しますので、ぜひお読みくださいね。

 

自分で情報を選ばないと迷いが生まれてしまう

 

前述した通り、考えかたは人それぞれです。

 

なので、サイトには書き手の考えがそのまま書かれているんでしたね?

 

そこで、貴方と同じような考えの人間が書いているサイトからの情報だけを受け取るようにしましょう。

 

つまり、情報源を1つに絞るんですね。

 

そうすれば1人の情報だけを受け取れますので、考えかたの違う多くの情報に翻弄され、結果的にどの情報を信じればいいか迷うことがなくなります。

 

そして絞るべき「1つの情報源」こそが、貴方と同じような考えの人間なんですね。

 

人は基本的に自分と同じような考えの人間に親近感を抱くようになっています。

 

もちろん貴方がこの記事をここまで読み進めているのも、私の考えや価値観に共感したからだと思います。

 

なので、複数の人間からそれぞれ異なる情報を受け取って混乱してしまわないよう、自分と同じような考えの人間からの情報だけを受け取るようにしましょうね。

 

なお、その方のブログやメルマガに書かれていない情報が欲しいときは、直接メール送れば大丈夫です。

 

相手が不愉快だと思わないメールであれば大体返してくれますので、分からないことはどんどん聞くようにしてくださいね。

 

読者を見下す記事を読むな

 

先ほどは「貴方と同じような考えの人間が書いているサイトからの情報だけを受け取るようにしましょう」とお伝えしました。

 

この記事をここまで読み進める聡明な貴方なら大丈夫だと思いますが、1つだけ注意します。

 

「読者を見下し、書き手の人間性を疑う記事」だけは絶対に読まないでください。

 

貴方も見たことあると思いますが、ネット上には「あなたは馬鹿なんですか?」などと書かれた残念な記事が多数あります。

 

そのような記事を書いた者は、「画面の向こうには感情を持った人間がいる」という基本的なことさえもできない人でなしです。

 

考えてください。

 

どこの誰か分からない人間に見下されたりこき下ろされたりしたら、誰だって不愉快になるに決まっていますね?

 

なので、「読者を見下し、書き手の人間性を疑う記事」だけは絶対に読んではいけないんです。

 

当然ですが、そんな記事からは何も得られません。

 

まあ、得られるとしたら「人を不愉快にさせる方法」くらいでしょう。

 

しかしそんな書いた者の人間性を疑う記事ばかり読んでいると、その「人を不愉快にさせる方法」を知らず知らずのうちに覚えてしまう可能性が非常に高いです。

 

なので、私や貴方は彼らと正反対の「読者を喜ばせる記事」を書くようにしましょう。

 

では、その「読者を喜ばせる記事」とは何か?

 

次項で解説します。

 

読者を喜ばせる記事とは?

 

前述した通り、「読者を喜ばせる記事」とは、先ほどの「読者を見下す記事」と正反対です。

 

例えば貴方の実体験や目標を伝えたりですね。

 

つまり、共感を意識した記事を書くんです。

 

さらに深掘りすると、それらをストーリー調に語れば読み手が高確率でファンになります。

 

「ストーリー」というのは人を惹きつけとりこにしてしまう力があります。

 

例えば貴方も好きな映画やテレビドラマはありませんか?

 

それらもストーリーを構成し、見た者をとりこにしてしまうようになっているんですね。

 

「君の名は。」や「鬼滅の刃」といった近年の大ヒット作もストーリーがウケたそうですので、貴方も実体験やアフィリエイトでかなえたい目標等をストーリー調に語った記事を書いていってくださいね。

 

また、「読者を見下す記事」があるなら、私や貴方は読者を徹底的に褒めてやりましょう。

 

例えば「貴方は正しいです」「貴方はとても素晴らしいです」「貴方なら必ずできます」といった感じですね。

 

もちろん、あまり不自然に褒めまくるとうさんくさいレッテルを貼られてしまいます。

 

しかし、褒められて嬉しくない者はいませんので、このようなことも読者がファンになってくれる可能性が高いです。

 

そして早い段階から人を喜ばせる記事を書けば少ない記事で初報酬が発生しますので、情報源を1つに絞りつつも、

 

@実体験や叶えたい目標等をストーリー調に語る

 

A読者を褒める

 

この2点を意識して記事を量産し、稼げるようになってくださいね。

 

なお、それ以外の稼ぐためのノウハウは、以下の無料メール講座で説明していますので、興味あればどうぞ。

 

【無料】TMのアフィリエイトのためのメール講座

 

また、4000円相当の無料特典を今すぐ受け取ることもできます。

 

いつまでも無料で提供するつもりはありませんので、お早めにどうぞ。