どちらが良い?アフィリエイト対クラウドソーシング 徹底比較

会社員の収入だけで生活する事に限界を感じ、自分で稼げるビジネスを探す方が増加しています。

 

これは時代の流れなのかもしれませんね。

 

私のサイトを見ている方も、きっと同じように自力で稼げるビジネスを探す方でしょう。

 

その中でもオススメとされるのがネットビジネスで、特にアフィリエイトが稼げると言われていますが、アフィリエイトよりも手軽に始めることができるネットビジネスとして「クラウドソーシング」があります。

 

そこで今回はクラウドソーシングとアフィリエイトの長所と短所を比較して、どちらが良いか結論を出して行こうと思います。

 

 

クラウドソーシングとはなんなのか?

 

まず、クラウドソーシングは何なのかを解説していこうと思います。

 

クラウドソーシングとは「ネット上で業者(クライアント)が、不特定多数の人材に向けて外注を行う」ネットビジネスとなります。

 

ライティングは当然、プログラミングや、ウェブデザインなどもあり、自分の特技を活かせるビジネスと言えるでしょう。

 

クラウドソーシングの長所と短所

 

今度はそのクラウドソーシングの長所と短所を述べていきます。

 

長所は、

 

・前述の通り自分の特技を活かせる

 

・すぐにでも報酬が発生する

 

・クライアントと相談して仕事を進める方式である「プロジェクト」では、クライアントから高い評価を受ければ、継続して依頼される場合がある

 

・コンペなどで当選すれば一気に数万円を手にすることができる

 

・ソフトによるサイト開設や、教材購入、サーバーレンタルの必要が無く、無料で始めることができる

 

こんな感じですね。

 

続いて、短所は、

 

・仕事内容と報酬が釣り合わず、例えば、ライティングで、1字0.5円以下の案件が存在する

 

・実績が少ない場合、プロジェクトは当選しにくい

 

・またプロジェクトの場合、クライアントに当たり外れがある(外れのクライアントの場合、募集をキャンセルしたり、プロジェクト中に急に音信不通になるなど)

 

・たくさん稼ごうと一度に大量に案件を抱えると、納期に追われ、セルフブラック化する可能性がある

 

・案件をこなさないと収入が発生しないため、収入の自動化が不可能

 

こんな感じですね。

 

短所の部分を読んで「ならアフィリエイトをやろうかな」と考えた方も居ると思います。

 

ですが、当然、アフィリエイトにも長所もあれば、短所もあります。

 

アフィリエイトの長所と短所

 

次はアフィリエイトの長所と短所を解説します。

 

今度は短所から述べます。

 

・ソフトによるサイト開設や、教材購入、サーバーレンタルなど、始めるのに費用がかかる(無料ブログで始めることも可能だが、運営の都合で記事中に派手な広告を貼られたり、最悪の場合ブログを閉鎖されたりとリスクが高い)

 

・SEO、コピーライティングなど、覚えなくてはならない知識が多い

 

・Googleに評価されるまでの記事数の平均が100記事とされ、それまで自分で考えて書き続けなければならず、ネタが切れる可能性がある

 

・上記に挙げたことを全て継続しなくてはならず、それでも始めてから平均で3ヶ月〜半年は無報酬である

 

こんな感じです。

 

アフィリエイトは「95%が月に5000円も稼げない」というデータは聞いたことがあると思います。

 

実際、新規参入者の9割が3ヶ月も継続できずに会社員専業に戻ることを考えると当然と言えるでしょう。

 

ですが、逆に「諦めずに報酬が発生するまで継続すれば稼げるのか?」と考えて、辛抱強く継続すれば、例え何年掛かっても数十万〜数百万稼げるでしょう。

 

そこで、次はアフィリエイトの長所を述べていきます。

 

長所は、

 

・クライアントが居ないため、クライアントの都合に振り回されず、自分のペースで作業できる

 

・稼げる金額に上限が無く、会社員の月収では不可能な200万〜300万を稼ぐことができる

 

・ある程度、自分のサイトの読者を増やせれば、収入を自動化できる(やった分だけ稼げるのでは無く、例えば、貴方が遊んでいる時も収入が発生したりと時間の無駄なく稼ぐことができる)

 

・上から2つ目と3つ目を組み合わせれば、継続的に会社員以上の月収を稼ぐことができ、脱サラできる

 

まあ、こんな感じですね。

 

結論・クラウドソーシングよりもアフィリエイトがオススメ!

 

さて、クラウドソーシングとアフィリエイトの長所・短所を比較してみました。

 

一見するとすぐに報酬が発生するクラウドソーシングがアフィリエイトよりも稼げそうに見えますが、短所であげたように、収入の自動化が不可能な上、継続的に稼ぐためには仕事を取り続けなくてはいけないため、クラウドソーシングも結局は「時間を売って収入を得る会社員と変わらない」と言えるでしょう。

 

そもそもこの記事を読んでおられるのは、

 

・一時的にでは無く継続的に大金を稼いでいきたい

 

・脱サラしたい

 

・時間を売らないと金を稼げないなんて嫌だ

 

・会社員としての働き方自体が嫌

 

このような方だと思います。

 

ですので、やはりクラウドソーシングよりもアフィリエイトが私にとってオススメです。。

 

「そうは言っても、アフィリエイトって何から始めて良いか分からない」

 

このように思った方は「情報商材アフィリエイト」をオススメします。

 

 

情報商材アフィリエイトは、「コピーライティング」という広告文章を学ぶ必要がありますが、成功すれば前述の200万〜300万という金額を安定的に稼ぎ続けることが可能ですので、夢のあるアフィリエイトジャンルという訳です。