アフィリエイトで稼げない?一番稼げるジャンルとは?

さて、前回の記事では、「低予算で始められて、収入を自動化できるビジネスはアフィリエイト」だと説明しましたね?

 

そこで今回は、どのアフィリエイトが一番稼げるか説明していこうと思います。

 

 

アフィリエイトと言っても種類は様々

 

アフィリエイトは大きく分けて、

 

・物販アフィリエイト

 

・トレンドアフィリエイト

 

・情報商材アフィリエイト

 

この3つに分けられます。

 

ここで大事なのは、

 

・収入を自動化できるか?

 

・最短で稼げるか?

 

この2つです。

 

そこで、上記のアフィリエイトの中で収入を自動化できて、最短で稼げるアフィリエイトはどれか考えていきましょう。

 

物販アフィリエイトは還元率が低い!

 

物販アフィリエイトは、貴方のサイトの広告をクリックし、その広告から商品が購入されたら、報酬が発生する仕組みです。

 

ですが、還元率が低く、楽天アフィリエイトで1%、アマゾンアソシエイトで3%となります。

 

還元率が低い場合は、どのようにカバーするのかというと、サイトをたくさん量産することになります。

 

ところがこれは凄く効率が悪く、1つのサイトに付き、記事は100くらい上げなくてはなりません

 

このくらいしなければGoogleから評価されず、さらに上位表示され始めるまで、3ヶ月程かかり、時間も手間もかかる方法です。

 

また、クレジットカードやキャッシングなど還元率の高いものもありますが、既に稼げると浸透しているため、競合が激しく、新規参入者がそれらに挑むのは無謀です。

 

「それなら、オリジナルの特典を付ければ…」

 

そのような声が聞こえてきました。

 

ですが、物販アフィリエイトは「オリジナル特典」を付けることができず、売れるかどうかは完全にアフィリエイターの腕次第となります。

 

次にトレンドアフィリエイトを説明します。

 

トレンドアフィリエイトは物販より簡単だがこちらも報酬が安い

 

トレンドアフィリエイト(アドセンスアフィリエイトともいいます)は、アドセンスという広告をサイトに貼り、それをクリックした時点で報酬が発生します。

 

「クリックされるだけで報酬が出るのなら、物販よりも簡単ではないか?」

 

そう思うのは当然です。

 

しかし、こちらも新規参入者が多いです。

 

そして、新規参入者が多いということは、自分が書いた記事は更新し続けなければどんどん上位表示されなくなってしまうということにもなります。

 

また、こちらも1クリック30円程で報酬は高くはありません。

 

クリック数を稼ごうとアドセンスを間違えてクリックさせるサイトもありますが、そのようなサイトは既に1円も報酬を稼げなくなることが増えています。

 

つまり、暴力的な方法では稼げないという事ですね。

 

しかもGoogleはトレンドサイトへの印象を悪くしていて、アドセンスが表示されなくなる処分、アドセンス配信停止を食らう所が多発しています。

 

私も2015年10月にトレンドアフィリエイトをやりました。

 

アドセンスの配信停止は免れましたが、全く稼げず挫折しました。

 

情報商材アフィリエイトはどうなのか?

 

さて、上記に上げた3種類のアフィリエイトの内、最短で稼げるのはどれか分かりましたね?

 

そう、「情報商材アフィリエイト」です。

 

情報商材アフィリエイトは、その名の通り、「情報商材」を売るアフィリエイトです。

 

ただし、情報商材といっても、趣味用のものから情報商材アフィリエイト用情報商材まで様々です。

 

ここで「どの情報商材のジャンルが一番売れるか?」というと、やはり稼ぐための情報商材ですね。

 

このような物を求める方というのは、給料が少なくて苦しんでいる等、切羽詰まっている状況です。

 

ということは、サイトの記事を真剣に読んでくれる可能性が高いですね。

 

また、情報商材は、単価が安い物で5千円、高い物で3万以上と高い物が多く、しかも還元率も単価の半分という場合が多いです。

 

例えば、2万円の情報商材を1つ売れば1万円の報酬となり、それを1日で10個売れれば1日10万円の報酬です。

 

しかし、単価が高いということは、読者を購入まで持っていくのが難しいということになります。

 

その理由はまだまだアフィリエイト自体怪しいイメージがあるからで、書店で買える書籍の倍くらいの価格である物が多い稼ぐための情報商材は、自然と読者が警戒する訳ですね。

 

そのため、情報商材アフィリエイトは初心者に推奨しないサイトが多いです。

 

「なら、情報商材アフィリエイトも単価が高いだけで、結局売れないの?」

 

そのような声が聞こえてきました。

 

しかし情報商材は、ある唯一の方法を使用すれば、成約率を高めることができます。

 

今から説明します。

 

情報商材の成約率を高めるには?

 

情報商材の成約率を高める唯一の方法は、「コピーライティング」です。

 

人が金を出す際の心理は100年以上前に解明されていて、これは現在まで変わっていません。

 

例えば、長寿通販番組のジャパネットたかたは、30年近くに渡って利益を出し続けています。

 

その理由は、やはり人が金を出す際の心理を学んだからなんです。

 

それを貴方がやれば良いんです。

 

さらにコピーライティングを極めて、貴方のサイトのリピーターを増やしたり、新規読者を増やせば、貴方の記事から発信されるメッセージに共感して貴方が紹介する情報商材を買っていってくれますので、そのような状態が続けば収入を自動化させることが可能です。

 

また「物販アフィリエイトはオリジナル特典を付けられない」と前述しましたが、情報商材アフィリエイトなら物販アフィリエイトと違ってオリジナル特典を付けることが可能なんです。

 

オリジナル特典があれば、同じ情報商材を紹介するライバルと差別化できます。

 

つまり、情報商材アフィリエイトこそが

 

・収入を自動化できる

 

・最短で稼げる

 

この2つを満たした唯一のアフィリエイトと言えます。

 

凄く夢がありませんか?

 

消費者心理を理解し、コピーライティングを極めれば情報商材を売るのは難しくないんです。

 

「けど読者を成約に持っていくコピーライティングなんて、どうやって書いたら良いか分からないよ〜」

 

そのような声が聞こえてきました。

 

そこで、私が実際に購入して、実戦した教材を紹介します。

 

「サイコロジーライティング」という教材に書かれている通りに実戦すれば、押し売りではなく、読者のほうから成約したくなる魔法のコピーライティングが身に付きます。

 

また、販売者から期間限定で「全自動化マネーシステム」という特典が付いています。

 

こちらには「記事に有益な情報ばかり書いてはいけない理由」や、「商品をバカ売れさせるための6つの教育」等、「こんな事を書いたらライバルが増えて自分が稼げなくなるのではないか?」と思うようなことが多数書かれており、特典になっているのがもったいない程の内容、つまり特典ではなく、このまま教材として販売しても良いくらいの内容となっています。

 

以下から詳細をご覧頂けます。

 

 

貴方に「コピーライティングを身につけて、何十万と情報商材を売って会社の収入に依存するのを減らしたい!」という覚悟があるのなら購入を検討してみてください。