70歳付近まで雇われる義務から解放される方法

一般的に高校もしくは大学を卒業したら就職して定年まで雇われて、定年を迎えたら嘱託で70歳付近まで働くのが常識です。

 

70歳付近までですよ?

 

例えば今、20歳前後の方なら半世紀以上雇われて、自由を束縛されなくてはならないんです。

 

聞いただけで気が遠くなると思いませんか?

 

しかし、もし「その70歳付近まで雇われる義務から解放される方法がある!」と聞いたらどう思いますか?

 

 

あまりにも非情な雇われる義務

 

まず、国が定めた雇われる義務がどれだけ非情なことか解説していきます。

 

雇われるということは、当然ですが安定した収入が約束されます。

 

例えば月手取り20万円なら、毎月20万円が必ず貴方の口座に振り込まれます。

 

しかし、その20万円を貰うためには我慢せねばならないことが多いのではありませんか?

 

例えば、

 

・月〜金まで5連勤

 

・1日最低8時間労働・休憩1時間込みで最低9時間会社に拘束

 

・気の合わない同僚や子供じみた同僚、怒りっぽい上司との人間関係で生じるストレス

 

・自分に不適正な業務を押し付けられ、できなければ罵声を浴びせられる

 

こんな感じです。

 

毎月20万円のためにこれだけの我慢を強制されるんです。

 

しかもこのようなサイクルを70歳付近まで繰り返すんです。

 

私にはもうリスク以外の何物でもありません。

 

そのため、毎年多くの会社員が自殺するのも無理ないかもしれません。

 

 

やはり長時間会社に束縛され、収入は安定しても、精神的な安定には繋がらない会社員を繰り返す人生を続けていれば、鬱になるのも当然だと思います。

 

多くの会社員が雇われる以外に収入を得る方法を知りません。

 

そのため、会社を辞めても、また他の会社に入り直すしかない訳です。

 

つまり、

 

「会社を辞めたら、他社に採用され直されなくてはならない。しかし、他社に採用されても、同じようにパワハラや長時間労働に苦しめられるかもしれない…」

 

このように悩んで悩み抜いた末、「自殺」を選んでしまったんです。

 

つまり自殺した会社員の思考は、会社員を辞める=生きることを辞めるです。

 

そのため、私は雇われる以外に金を得る方法を知らないのは、命に関わるほど危険だと思います。

 

自殺した会社員の方々が雇われる以外に金を得る方法を知っていたら、死ななくて済んだろうに…

 

しかしご安心ください。

 

冒頭でチラッとお話しした通り、その70歳付近まで雇われる義務から解放される方法があるんです。

 

そのため、この記事にたどり着けた貴方はラッキーかもしれません。

 

その方法、つまり雇われる以外に金を得る方法をいよいよ解説していきます。

 

雇われる義務から解放される方法とは?

 

さて、気になる雇われる以外に金を得ることができ、雇われることから解放される方法ですが、その方法は「ネットビジネス」です。

 

「なにそれ?詐欺?」

 

そのような声が聞こえてきました。

 

確かに今まで会社員一筋で雇われ続けてきた貴方にとっては、雇われないで収入を得る方法がイメージできないかもしれません。

 

ましてや、ネットビジネスなんて、怪しいかもしれません。

 

確かにネットビジネスの中にも詐欺や稼げない物もあります。

 

例えば「クリックするだけで100万稼げます♪」というふざけた広告ですね。

 

この広告だと「なぜクリックするだけで100万稼げるか?」という理由が説明されていません。

 

ですので詐欺だと断言できます。

 

しかし、ネットビジネスはこのような物ばかりでなく、しっかり稼げる理由や稼げる仕組みが説明されている物もあります。

 

例えば、

 

・せどり(安く仕入れて高く販売する)

 

・クラウドソーシング(クライアントから案件受注して納期までに納めて報酬を貰う)

 

・ポイントサイト(ポイントを貯めて換金する)

 

これらです。

 

しかし、これらは全てあまりオススメできません。

 

なぜなら全て固有のリスクがあるからです。

 

 

と、ここで「なんだ、やっぱり雇われないでネットビジネスで収入を得るなんて無理じゃん…」

 

そのような声が聞こえてきました。

 

ですが、ちょっと待ってください!

 

まだ諦めるのは早すぎます。

 

リスクが少なく、しかも上記に上げた全てのネットビジネスよりもたくさん稼げるネットビジネスがただ1つあります。

 

そのネットビジネスを以下で解説します。

 

低リスクでたくさん稼げるネットビジネスとは?

 

そのネットビジネスとは、「アフィリエイト」です。

 

その中でも「情報商材アフィリエイト」を特にオススメします。

 

ちなみに情報商材アフィリエイトとは貴方が実際に購入した情報商材をサイトで紹介して、そこから購入されれば紹介料が入るアフィリエイトの1つです。

 

そしてなぜ情報商材アフィリエイトなのか?

 

それは稼げる額が他のアフィリエイトと桁違いに大きく、しかも収入を自動化しやすいからです。

 

なぜなら、情報商材は1冊数万円の物がゴロゴロあります。

 

つまり一度にたくさん売れれば、1日で数万円稼ぐことができる訳ですね。

 

しかも、その情報商材は「PDF」や「ダウンロードソフト」であることが多く、基本的に在庫を抱えません。

 

そのため一度売れる仕組みを作り上げてしまえば、あとは勝手に誰かが貴方のサイトから購入していく状態が続きますので、収入の自動化、つまり「不労所得」を築けるという訳です。

 

さて、ここまでお読みになられてお気づきかと思いますが、70歳付近まで雇われる義務から解放される方法の正体とは情報商材アフィリエイトのことなんです。

 

もし貴方が情報商材アフィリエイトについて「もっと詳しく知りたい!」とお考えなら、下記の「フリーランスアフィリエイトプロジェクト改」を見て頂ければ、全てお分かりになると思います。

 

 

情報商材アフィリエイトで雇われる義務から解放される方法の全てを知りたければご覧になってください。