4つの不自由を強いられる会社員はどうしてもストレスが貯まる

日本人の9割が経験するとされる「会社員」

 

これはどこかの会社に決まった給料で雇われる職業ですね。

 

自分で稼がなければならないフリーランスや起業家と違って、毎月決まった収入が約束され、福利厚生が付いて納税や確定申告等を会社がやってくれるのはメリットだと思います。

 

また、仕事内容も他人が決めてくれますので、自分で何も考える必要がなく、何も考えずに言われた通り動くだけで楽ですね。

 

 

しかし、その反面、会社員はかなりの不自由を強いられる危険な働きかたでもあります。

 

 

会社員が強いられる不自由とは?

 

大まかに述べると、会社員は4つの不自由を強いられます。

 

その4つの不自由とは、

 

@人間関係(パワハラされるリスク)

 

A収入(1ヶ月を食い繋げるだけの給料 また業績や雇用形態によっては賞与なし)

 

B住む場所(会社から通勤圏内に住まなければならない そのため「翌日から海外移住」なんて弾丸人生が不可能)

 

C時間(週5日・最低9時間会社に拘束される また長時間残業なんてのもザラ)

 

となります。

 

しかも、この4つの自由が70歳付近まで毎日繰り返されるんです。

 

考えただけでゾッとしませんか?

 

会社員はストレスでうつ病になる可能性も

 

会社員は前項で述べた4つの不自由が70歳付近まで付きまといますので、どうしてもストレスが貯まります。

 

例えば、日曜日の夜なんかは「明日会社行きたくねぇなぁ…」と思いますね?

 

これなんか特に会社員のストレスの代表例といっても良いでしょう。

 

しかもこれだけで済めばまだ良いほうです。

 

会社に4つの不自由を強いられ、都合よくこき使われていると、最悪うつ病になります。

 

実際、うつ病で休職する会社員は珍しくありません。

 

また、うつ病で休職したら、その後の復帰は困難とされています。

 

なぜなら会社側としたら一度うつ病で休職した社員を復帰させれば、再びうつ病になって休職する可能性があるからです。

 

そのような社員を雇い続けること自体、会社にとってはリスクかもしれません。

 

酷いですね…

 

社員がうつ病になるのは会社の責任なのに、会社はその責任を取らずに自分たちがうつ病にした社員を身ぐるみはがして放り出すなんて…

 

4つの不自由を自由に変えるために

 

さて、ここまで読み進められて、会社員は4つの不自由を強いられ、それにより最悪うつ病になるリスクがあるということがお分かりになられたと思います。

 

しかし、ご安心ください。

 

その4つの不自由を、逆に4つの自由に変える方法があるんです。

 

その方法とは、アフィリエイトです。

 

アフィリエイトは、輸入やせどり等と違って商品の在庫を持つ必要もなく、受注から発送の手続きが不要です。

 

だからといって、クラウドソーシングのように納期に追われたり、悪質なクライアントに振り回されることもありません。

 

 

誰かの商品を紹介して、それが売れたら紹介料が貰えるビジネスです。

 

そしてこのビジネスの魅力は、売れる仕組みが出来上がれば、収入を自動化でき、不労所得になるということです。

 

そうなれば、

 

@パワハラされなくなり(人間関係の自由)

 

A会社員では絶対あり得ない月100万などの金額を稼げるようになり(収入の自由)

 

B住む場所を選ばず、翌日から海外移住も可能になり(住む場所の自由)

 

C日曜日の夜に翌日が不安にならなくなり、仕事中「早く終わらねぇかな」と思うこともなくなります(時間の自由)

 

冒頭で説明した4つの不自由が全て自由に変わります。

 

夢がありませんか?

 

たった1回の人生ですので、どうせなら4つの不自由に縛られて会社の道具になるより、その4つの不自由を全て自由に変えて残りの人生を満喫するほうが幸せに決まっています。

 

このサイトには、アフィリエイトで給料以上稼ぎ、4つの不自由を全て自由に変える方法が散りばめてあります。

 

貴方が本気でアフィリエイトで稼ぎたいなら、是非参考にしてみてください。

 

おわりに

 

いかがだったでしょうか?

 

貴方は会社で4つの不自由に縛られ、うつ病になるために生まれたのではありません。

 

ネットが発達してくれたおかげで、雇われる以外に収入を得ることが簡単になりました。

 

当然ネットで収入を得るようになるまでは時間がかかりますが、建物を借りて商売を始める「リアルビジネス」より、はるかに簡単なはずです。

 

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。