「会社に行きたくない」と思うのは甘えなのか?

・日曜夜が鬱になる

 

・通勤中に吐き気がする

 

・「会社が潰れればよいのに」と考える

 

このような経験ありませんか?

 

私も会社員ですが、出勤前は毎回良い気分がありません。

 

しかし周りの方に「会社行きたくない」と相談しても、

 

「誰だって行きたくないけど行くんだ!」

 

「『会社行きたくない』なんて甘えだ!」

 

「怠けているのか?」

 

このように返されると思います。

 

会社に行きたくないのは本当に甘えなんでしょうか?

 

今から解説します。

 

 

会社に行きたくないのは甘えでは無い!むしろ正常!

 

会社員でもある私から言わせれば、「会社に行きたくない!」というのは甘えでは無く、むしろ正常なことです。

 

これは国が決めた教育が関係しています。

 

国の教育とは会社員だけで人生を終わらせることです。

 

日本人の9割が雇われる形でしか金を貰ったことがないと思います。

 

そしてその「9割の大人」が、我々20代に同じように「生涯会社員をやれ」と教育します。

 

学生の勉強を思い出してください。

 

金に関する教育はありませんでしたね?

 

国は自分達を儲けさせるために「雇われる形でしか金は手に入らない」と叩き込むんです。

 

そうすることで、会社に忠誠を誓う「社畜」ができあがるんですね。

 

が、そのような常識を「おかしい」と気付く方は意外と少ないです。

 

ですので、貴方のように「会社に行ときたくない!」と考えるのは、わがままでも、甘えでは無く、正しいことなんです。

 

人間は本当は楽な方法を求める生き物なのに、金を手に入れる方法は自分から危険な方向に向かっているんです。

 

そして行きたくない会社に出勤し続け、休日は現実逃避で遠出したり、ゲームセンター、カラオケ等で散財します。

 

これでは悪循環です。

 

会社に行きたくない気持ちを我慢し続けると最悪、命に関わる!

 

「会社に行きたくないけど行くのが当たり前だから行くしかない」

 

そうやって自分に鞭を打って出勤しつづけると、やがてうつ病となります。

 

そしてそれでも会社に行きたくない自分に嘘を付いて出勤し続けるとしましょう。

 





 

自殺します。

 

 

日研化学の35歳の男性社員や電通の24歳の女性社員が自殺した事件を覚えているでしょうか?

 

彼らは悲鳴を上げる自分自身に鞭を打ち、パワハラと長時間労働に耐え続け、「退職」を通り越して自殺しました。

 

これは他人事では無く、誰でも起こりうることです。

 

なので会社に行きたくない方は今すぐ会社に行かないで収入を得るビジネスを始めましょう。

 

これからは会社に人生を任せずに自分で金を作り出す時代

 

そもそも会社に行きたくないのに金のために行き続けるということは、会社に人生を任せるということです。

 

それなら「会社に行かないと金は絶対手に入らない」という国が決めた常識を無視して会社以外で金を作り出す方法を考えれば良いのです。

 

「会社に行かない方法って不安定じゃないの?」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

 

例えばアフィリエイトの場合、どのような大手企業の月収でもありえない月に100万や200万円を手にすることが可能です。

 

それだけでは無く、一度物が売れる仕組みを完成させれば、あとは誰かが勝手に貴方のブログを見て、勝手に貴方が紹介する商品を買って行くのが繰り返されます。

 

これを「不労所得」といいます。

 

 

不労所得が完成すれば、貴方が子供の看病する時も、旅行に行っている時も、勝手に金が振り込まれるため、効率よく稼ぐことができます。

 

また、ある程度稼げるようになったら、集客をさらにかければ、稼ぎはさらに大きくなります。

 

やらない手はありませんね?

 

金とは人のために働いた時間の分だけ手に入る物では無いんです。